色素性乾皮症

色素性乾皮症

色素性乾皮症を知る

色素性乾皮症は通常の乾燥肌とは違い、皮膚障害の大きい病気です。
といわれ、根本的な治療法はないとも言われています。
遺伝的な要因が考えられていますがはっきりとした原因は未だに分からないからです。
普段、私たちの皮膚は外部から悪い影響や侵入があると細胞膜が保護しようとバリア機能によって守られます。
しかし、強い刺激や攻撃があると何らかの炎症を起こします。
紫外線による日焼けを例えに挙げていきましょう。
日焼けをすると赤く腫れ上がり皮膚の細胞が熱を持ちます。
重度だと水ぶくれになる人もいます。
これは、日焼けによって細胞が死んでしまったからです。

ガン細胞に変化することが多い色素性乾皮症

しかし、私たちの身体には再生機能が備わっています。
皮膚の細胞が死んでしまってもまた新しく生まれてきます。
しかしこの色素性乾皮症は再生機能が備わっておらず、外部から攻撃をされてしまうと皮膚の細胞は修復しません。
それどころかガン細胞に変化することが多いのです。
乾燥しDNAが元に戻らないため皮膚ガンになりやすいと言われています。
早期に色素性乾皮症が発見された場合、その皮膚部分を適切に除去します。
保護クリームなどを使って皮膚を守ることにより、がん細胞の発生を軽減することはできますが根本的な解決にはならないのです。
この場合は普段の生活は直射日光を避けることが大切になります。
そして日中の外出時には特に注意が必要となるのです
。一言で皮膚疾患といってもこのような難病もあれば対策を立てられる皮膚疾患もあり、大小は様々なのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ