転出届は引越し時の手続きの基本。転出届があってこそ転入届けもできるからです。区役所や市役所などへ行けばよいのですが郵送による取り寄せや委任状による代理手続きも可能です。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


転出届の手続きは引越し時の基本

転出届は引っ越しの時に必要な手続きになります。
これをやっておかないと、新住所に引っ越した後に行う転入届けに支障をきたすことも…。

さて、転出届を行う場所は旧住所(引っ越す前の住所)の市役所や区役所など、つまり市町村役場になります。
そこへ、原則として転居する本人あるいは世帯主が出向いて手続きを行います。
必要書類は、運転免許証やパスポートなど、本人が確認できるものと印鑑。
この転出届を市役所や区役所に手続きしておくと、「転出証明書」という書類も発行されます。
この「転出証明書」が、新住所での転入届けの時の必要書類になります。
転出届の期限がとくに定めがないのですが、この「転入届け」の手続きを考えた場合、やはり早めに行っておいたほうがよいでしょう。
また、新住所と旧住所が遠方な場合、引越しあとに「転出証明書」を取りに行くのは面倒ですから、やはり引越しの前に手続きしておいたほうがよいでしょう。

どうしても引っ越し前の手続きができなかった…
しかも、遠方なので簡単には取りにいけない。

そんな場合には郵送によって「転出証明書」を発行してもらうこともできます。
所定の書き方で認めた書類が必要になりますが、遠方でどうしても出向けない場合には、この郵送による手続きが便利です。

また、委任状があれば、本人以外による代理手続きも可能です。


インターネットの引越しは?>>プロバイダー 乗り換え


プロバイダーの引越しは?

RECOMEND

****